胃腸の病気とはどんな種類があるのか?

胃腸の病気というとみなさんどんな想像をされるでしょうか?胃炎や胃がんなどの病名や、むかむかなどの症状を想像されるかもしれません。しかし胃腸の病気とはそれだけで表せません。

食欲不振、吐き気、嘔吐、けいれん痛、腹部不快感などの代表的な胃腸の病気の症状、これらは胃腸炎と呼ばれる胃腸の病気です。胃腸炎は微生物による最近や、毒性の強い化学物質を摂取したときに起こる胃腸の病気です。

胃腸炎と呼ばれる胃腸の病気は脱水症状を引き起こしたり、下痢や嘔吐により体の電解質のバランスが崩れます。胃腸の病気からは想像できない重大な疾患を引き起こしかねません。

こうした胃腸の病気のほとんどは細菌によって引き起こされます。食中毒やロタウィルス、そして寄生虫などが胃腸の病気の原因になります。こうした胃腸の病気の予防には、手洗いの励行や生の鯖、イカ、貝などの魚介類の摂取を控える、感染者との接触をひかえるなどの配慮が必要です。